キッコの毎日のごはん after ベルギー

ベルギーより帰国したキッコのお届けする簡単レシピ・グルメ・ベルギー&ヨーロッパ情報&事情のご紹介です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オージービーフ

20051230233432.jpg

シーフードが美味しいシドニーですが、やはりオージービーフも食べておかないと!ということでマンリーにあるグリルのお店へ行きました。
20051230233447.jpg

ビーチの前にあって、そこからの景色はなかなかのものです。
気分にあわせてカクテルも頂きました☆
20051230233500.jpg

右は私がいただいたマルガリータ。
左は・・・何か忘れましたがフルーツ味の効いたトロピカルカクテル。
お外の景色にぴったりで気分は南国です。

お肉は食べ良いほどに熟成させているらしく、やわらかくて美味しかったです。
・・でも大きなオニイさん達20人ほどのグループの横に席ついたので、うるさくて実はゆったり味わうという雰囲気ではなかったのが残念でした。。
お店は有名みたいで、シドニーの観光案内所にあるガイドブックにも載っていました。

Ribs and Rumps Grills & Seafood : http://www.ribsandrumps.com.au


マンリーで行ったレストランであと1つ素敵な景色のお店がオーシャンワールドの横にあった"Manly Piek"ですが、ディナー会だったのでテラスでの食前タイムの写真しか撮れませんでした。。

20051230233522.jpg
新年に向かって乾杯~☆ってネ。

もしシドニーに行かれるかたにはシドニー中心地よりもゆったり過ごせるのでオススメしたいお店です。

Manly Piek : http://www.manlypier.com


と、いうことで今年ももう今日で終わり。
また来年もマイペースでブログアップしていきたいと思いますので宜しくお願いいたしますm(_ _)m
ではでは、良いお年を!!

キッコ



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~


スポンサーサイト

テーマ:海外グルメ - ジャンル:海外情報

  1. 2005/12/31(土) 13:48:34|
  2. シドニー旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

シドニー★チョコBAR

20051230233409.jpg

マンリーの船着場そばにあるチョコレートバーでいただいたホワイトチョコドリンクです。

到着した日から気になっていて最終日にやっといけたお店です。
お店の名はMax Brenner。「ハゲ男のチョコレート」が売り言葉(?)のようで、お店のキャラクターも創設者らしきBALD MANの絵となっています。
お店を外から見ると普通のカフェのようですが、メニューはこだわりチョコレートメニューが勢ぞろい。
チョコドリンクだけでも何種類もあってどれにしようか悩んでしまう。。
カカオリッチなものと悩みましたが、結局は大好きなホワイトチョコのドリンクにした次第です。。
そのドリンクですが、出てきてそのオシャレなカップに目が奪われました。
カカオ豆の形をしていて、尖がっている方を口もとに両手でカップを持っていただきます。
なんだかホックリしました~
そしてお連れが頂いたチョコがけワッフル。
20051230233345.jpg

チョコがお皿の模様になっていてカワイイです。
・・でもチョコがたーっぷりかかっていて甘いのは間違いなしデス。。

とにもかくにも、チョコ好きにはたまらないお店です。
もちろんチョコは「ベルギー産」が一番だと思ってしまっていますが、うーん、このお店は日本にも欲しい~!
シドニーにこの数年で何店も進出しているお店のようなので、機会があったら是非どうぞ☆
Max Branner : http://www.maxbrenner.com./ 



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~


テーマ:cafe - ジャンル:グルメ

  1. 2005/12/31(土) 00:07:20|
  2. シドニー旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ブッシュドノエル★クリスマスケーキ

20051227001302.jpg

クリスマスにブッシュドノエルを作りました。

これが見た目はシンプルなチョコロールで、使ったものも特別なものは何もないのですが、大成功!と胸を張って言えるくらいの美味しい出来となりました (自分で言うなって言われるかもしれないけど。。 ^ ^;)

ヨーロッパの方ではこのブッシュドノエル(=クリスマスの木片)というのもクリスマスケーキとして有名です。
クリスマス時期になると実際の木片に見えるようにチョココーティングしたロールケーキに模様をつけて。。といったのが多く出回っていますよね。
私のブッシュドノエルは最後の模様まで細かくはしなかったものの、チョココーティングもなんか良い感じにブッシュになったのでないかしら??と自己満足です。笑

クリスマスでなくとも美味しくいただけるチョコケーキなのでレシピをご紹介いたします~


キッコのブッシュドノエル

材料:
<スポンジ部分>
卵黄  3個分
卵白  4個分
薄力粉 40g
ココアパウダー 10g
サラダ油 大匙2
牛乳   大匙2

<仕上げ>
生クリーム 200cc
ブラックチョコレート  150g
いちご  適量
バター 15g


作り方:
1. スポンジは前回記載のしっとりふわっのロールケーキを参考に作る。(小麦粉とココアは合わせて振るい入れる)
2. チョコを刻む。
3. 生クリームを50~70ccほど火にかけて沸騰寸前まで暖め、分量のチョコのうち100gを入れて溶かし粗熱を取っておく。
4. 残りの生クリームを固く8分立てにし、熱のとれた3と混ぜ合わせる。
5. 1のスポンジの上に4のクリームを塗り、刻んだイチゴをお好み量のせて巻く。
6. 残りの刻んだチョコにバターを入れて、湯銭で溶かす。
7. 5のロールケーキの上から少しづつチョコをかけ、ナイフでケーキ上部にチョコを広げてゆき、木のような模様を適当につくる。
(私は上部にしかチョコがかからない分量なのですが、全体をしっかりチョココーティングする場合は分量を倍にして、時間差攻撃で半分ずつ仕上げてください)
8. 最後に縦半分に切った飾りのイチゴをのせて出来上がり。


スポンジのフワっとと、チョコのしっかりしたクリームとのハーモニーがなかなかですよー。
そして、クリーム自体はチョコの甘みだけで砂糖を使ってないので、見た目の割りには甘さ控えめで、食べ過ぎてしまいそうでした。。
・・と言っても食べ過ぎてしまうほど残らなかったけど(T T)..笑

クリスマスディナーとしては、
前菜:スモークサーモンのイクラのせ
   ホタテのバター醤油
   野菜サラダ
メイン:ローストチキン(ライス詰め)
デザート:ブルーチーズ(名前忘れました)&クルミパン、ブッシュドノエル
をいただきましたが、ケーキ以外は写真を撮るのを忘れて食べ始めちゃって。。

食べた途中で見苦しいかもしれませんが、チキンの丸焼きだけ写真に収めました。。
20051227001316.jpg

これは、チキン全体をサっと洗って、よく拭いて塩コショウし、タイム・ローズマリー・オレガノの葉&刻んだニンニク、それにみじん切りした玉ねぎと混ぜたライスと一緒に中に詰めて糸で閉じ、表面にサラダ油を塗って焼いたものです。
中に詰めたライスが、これまた鶏肉エキスをすって美味しいんですヨ。
鶏の丸一匹は日本でもスーパーのお肉コーナーで予め言っておけば手に入るとわかったので、クリスマスだけと言わずまたしたいと思います




20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~


テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2005/12/27(火) 01:01:38|
  2. お菓子・パン作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

メリークリスマス&シドニーカフェ

20051224012804.jpg

まずはメリークリスマス~

これはシドニー街中にあったツリーです。
暖かいのにクリスマスというのも何だか不思議な感じでした。。
20051224013413.jpg

サンタの帽子をかぶった軍団が町を練り歩いていたのですが、彼らの薄着姿は雪をイメージさせるサンタとは程遠く。。。笑
オーストラリアのクリスマスというのも面白いもんですネ。

とりあえず今日はイヴなので皆様に
20051224012828.jpg

乾杯~

クリスマス話とは異なりますが、
上の写真はオペラハウス近くの船着場向かいにある昔の税関跡地の上階にあるレストランカフェです。
20051224012930.jpg

ブリッジとハーバーを見ながらお食事のできる、モダンでシックなカフェレストランでした。
頂いたのは
20051224012902.jpg

マグロをタタキのように焼いたステーキにズッキーニの花のフライがのったもので、すごく美味しかったです。


とにもかくにもハッピークリスマス!
20051224012815.jpg


・・西洋ではクリスマスは家族のもので「カップルで過ごすロマンティックな日」ではなかったので、カップルで過ごさせようとする風潮にはちょっと抵抗感じたりして。。

とりあえず24日はクリスマス(っぽい)料理を準備する気満々ですが、参加人数は当日までわからない状況ですー・・



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~


テーマ:海外グルメ - ジャンル:海外情報

  1. 2005/12/24(土) 01:59:07|
  2. シドニー旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シドニー★フィッシュマーケット

20051223120132.jpg

シドニーにある魚市場で新鮮魚をいただいてきました
上の写真は生カキと茹でたロブスター&エビ。
どうしても食べたかったカキとロブスターが同じお皿にセットだったので迷わずチョイスしました。

20051223120146.jpg

上の写真はカキグラタンとminiイカのフライ。

シドニーは海の素材が豊富で、滞在中はお肉というよりシーフードをたくさん求めてしまいました。
その総本山とも言える(?)フィッシュマーケットは新鮮なシーフードが盛りだくさんで、どれも美味しそうでたまりません。

20051223120158.jpg

その地域に住んでいる人が買って帰る魚もたくさんあるのですが、観光客用にその場で調理したものが食べられるようになっています。
シーフード好きにはたまりませんー。

20051223120214.jpg


市場の前は中で買ったものを食べれる広場になっています。
海を眺めながら海のものを頂く、、お天気も手伝って最高な気分でした。

20051223120224.jpg

日本でも近所にこんな市場があったらいいなぁぁぁと、しみじみ思いました。
日本は今はカニですね。大阪まで買出しに行こうかなぁ。。

とりあえず、最後はシドニーの有名どころで〆~

20051223120235.jpg

オペラハウスとシティです。
滞在していたホテルがマンリーというビーチのある地区で、シドニー中心からはオペラハウス横にある船着場からのフェリーでの移動となります。
なので滞在中ほぼ毎日、フェリーでこのオペラハウスの景色を海サイドから見れて何とも贅沢な気分でした


20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~


テーマ:海外グルメ - ジャンル:海外情報

  1. 2005/12/23(金) 12:29:42|
  2. シドニー旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夏真っ盛り★アイスド・コーヒー

20051222205129.jpg

夏には冷たいカフェが美味しいですね~

冬なのになぜ夏?・・と言いますのも、この一週間ちょっとお出かけしてました

こんなの見たり、
20051222205142.jpg

こんなのに餌あげたり、、
20051222205151.jpg

と言うともうおわかりですネ。

オーストラリアは今は夏真っ盛り。
滞在中はお天気にも恵まれ、カラっとしていて過ごしやすい日々が多かったです。

そういう時に飲みたいのはやっぱり冷たい飲み物!
でもカフェがいい~・・
と思ってたらナイスな飲み物がっっ

それが上の写真のアイスド・コーヒーなんです。
お店によって若干内容は異なるのかもしれませんが、私が頂いたのはアイスカフェオレにアイスクリームと生クリームがたーっぷり載ったもの。
ヨーロッパではアイスのコーヒーっていうを見たことがなかったので、オーストラリアのアイスカフェはすっごく嬉しかったです。

このカフェをしたのはシドニーのダーリングハーバーにあるショッピングセンターにあるお店で、絶好の景色!
それでもカフェはなんてお手軽お値段♪♪といった感じでした


・・本当はパソコンを持っていったので、旅先でもブログアップする予定だったのですが事情があって繋げられなくって、結局しばらくお休みしてしましました。。
もうちょっとオーストラリアのお話続けますのでお付き合いよろしくですm(_ _)m


それにしても今日はすごい雪でしたね~
夜になっても雪が全く溶けていないなんて。。
オーストラリアに戻りたい~~。

20051222214119.jpg

↑今晩の京都。

20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~


テーマ:cafe - ジャンル:グルメ

  1. 2005/12/22(木) 21:12:05|
  2. シドニー旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

★しっとりフワっのロールケーキ★

20051211175526.jpg

豆乳ホイップクリームを使ったので中のクリームがトロトロで形はあまり美しくありませんが、しっとりフワっのヘルシーロールケーキなんです
..スポンジにもクリームがついちゃってそれも汗。。 ですが(^^ゞ

中身はその豆乳ホイップのクリームとカスタードクリームの2層にゴールデンキウイのカットが入っています。

私はこの豆乳ホイップというのを初めて今回お店で見つけたのですが、全くの植物性でウレしくなって思わず購入してしまいました。
ロールケーキやデコレーションケーキなどには動物性のクリームの方がキレイに仕上がって&コクもあって美味しいのであまり植物性を使いたくないのですが、豆乳という目新しい響きに流されずにはいられなかったのです

ではでは色々作って出来上がった「しっとりフワっ」のロールケーキレシピを以下の[More]をクリックしてどうぞ~

と、その前に下のアイコンクリック応援よろしくでございます☆

20050817035848.gif人気blogランキングへ★
  
レシピは

続きを読む

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2005/12/12(月) 00:15:11|
  2. お菓子・パン作り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:9

ベルギービール★ステラ

20051208151016.jpg

ステラ・アルトワのビール。

ベルギービールの中でもとてもポピュラーなものです。
これは毎日飲んでもお財布にやさしくって、外で飲んでも小瓶一本2ユーロほど。自宅だったら値段言うのが申し訳ないくらい格安。

住んでいたルーバンの町はこのステラの本拠地で、ブリュッセルから列車で来るとルーバン駅に到着する前に大きなステラの工場が見えます。
街の中心地を歩いていてたまに風にのってホップの香りがするので、工場自体が見えてなくてもその存在アピールはすごいかもしれませんっ。

ルーバンは大きな大学で有名な町だけれど、ステラも町を支える一大企業。
その大学とステラの両者なにしはルーバンは語れないかと思われます。
その二つは15世紀から深く関わっていたようで、お互いの相乗効果も非常に大きいようです。
ステラの公式サイトの歴史を除いてみても「大学機関はステラの大きなパトロンとなった・・」と載ってますし。
うーん、現代の日本的感覚では大学がアルコールに関する企業と?!と思いますが、ベルギーでは昔も今もビール王国だったんだなぁと思えば納得でしょうか?

そのお味はというと、ビールのほんの~り苦味がおいしい、のど越しさわやか~といった感じです。
安いからと言って飲みすぎには注意ですネ、ベルギーの皆様



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~




テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

  1. 2005/12/08(木) 15:17:13|
  2. お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ベルギー★ル・パン・コティディアン

20051207115100.jpg


このマークが目印のブランジュリー(パン屋さん)兼カフェのLe pain quotidien。
ベルギーの主な各都市にあって私の大好きなお店です。

第一店はブリュッセルから始まり、今ではフランス・イギリスにも多く支店があるのは知っていましたが、今ではアメリカにも支店が広がっているとか。

その人気が広がる理由は、やはり一重に美味しいから!だと思います。
単価は少し高めだけれど、美味しいのだから文句なしっっです。
私が住んでいたルーバンという町にも1店あって、美味しいパンを求めてちょくちょく買いに行きました。
・・本当は私の大好物の焼きたてサクサクのクロワッサンを朝から買いに行きたかったのですが、徒歩10分の道のり(車では通りにくい道のりだったから)が朝からはキビしくて、買いに行くなら土曜の昼間となってしまっておかずに合うバゲットやカンパーニュ系ばかりになってしまってたんですけど。。

店内の様子の写真を撮り忘れたのですが、私が行ったことのあるお店ではカフェコーナーに大きな木のテーブルが店内にどーんとあって、知らない人たちと合い席になって全体的に木調のお店で美味しいパンとカフェを頂くという感じでした。(合い席でない席も少しあったけど。。)
最初は「合い席?」なんて思いましたが、それがまたアットホームな感じで良い雰囲気をかもし出しているんです。

ベルギー&ルーバン最後の日の朝は、le pain quotidienの近くの市役所で手続きがあったので、ついでだから最後に行っておかねばっと朝カフェしに行きました。
20051207115043.jpg

ここのクロワッサンは表面のサクサク感が私好み
カフェボールも何だかキュート
なんとも至福の朝でした~

ここはタルトなどデザートも甘めですが美味しいので3時のお茶にも良いですヨ。
今でこそ知ったかぶっていますが、初めて行ったのはパリ支店のティータイムで「素敵~!パリっぽーい」なんて思ってたりしました

皆様もこの看板を見られたら是非どうぞ☆
お店の情報は http://www.lepainquotidien.com/ で探してくださいネ。
(注:お店の回しモノではありません



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~

テーマ:cafe - ジャンル:グルメ

  1. 2005/12/07(水) 15:11:59|
  2. ベルギーお外deごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

★チキンの紙包みオーブン焼き★

20051206172706.jpg

チキンのムネ肉を紙に包んでオーブンで焼きました。

これも前述のお誕生会の一品、、というかメインでした。
作り方はごく簡単、鶏肉に塩コショウして、オーブン用紙にタマネギのとナスのスライスをひいた上にのせて、料理酒(白ワインがなかったので。。)とレモン汁をふりかけ、バジル・タイム&ハーブミックスをふりかけたらオーブン紙で包むように折りたたんでじっくり焼き上げる・・といった感じです。
人数分を用意してオーブンに並べ全部一度に焼きました。
下準備でしっかり塩・コショウをしておけば焼いた後はそのままいただけます

ムネ肉を使用したので、とってもサッパリ、油っこくない仕上がりになりました。
うーん、、でもちょっとパサパサ感があるのは否めなかったかな。。
個人的にはモモ肉派なのでやっぱりモモちゃんのやわらかジューシーが好きかな。。

ところでヨーロッパにはムネ肉の方を好みとする人の方が多いみたいです。
ベルギーでは圧倒的にムネ肉勝利?じゃないかと思います。
ベルギー在住のお友達日本人&ベルギー人カップルさん宅では鶏肉の丸焼き(ベルギーではけっこう普通に出回ってるんです。日本で鶏丸ごとというのを見かけるのは滅多にないけど。。)をすると丁度仲良くモモ部分とムネ部分を分けられるそうです。いいなぁ~

現在の同居人のサクラんぼっちもムネ肉の方が好きなのか、とあるブラジル系お肉屋さんで電話注文する際は「ムネ肉を」と言われたんでそのまま注文したんです。
実はムネもモモも私の頭ではごっちゃになってて今回食べて始めて「あ、ムネだったんだぁ~」と気づいたオマヌケだったりいたします
まぁ、、健康にはこちらの方が断然良いですよねっ。。


20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~



20051206172628.jpg

今朝は結構な雪でビックリでした~
秋だと思ってたのにすっかり冬になってしまったんですねぇ。。

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

  1. 2005/12/06(火) 18:14:48|
  2. ヨーロピアンクッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

★ボジョレヌボー★

20051202232240.jpg

出ました今年のボジョレヌボー
前述のお誕生日会で友達が差し入れに持ってきてくれました

ボジョレヌボーは”ヌボー”=新しい=”その年採れたてブドウのワイン”だけあって、熟成は浅いのですが、その年のブドウの出来が良ければヌボーも勿論美味しい!ということみたいです。
私もワインラバーとして(注:知識はハズかしい程度です)今年のブドウの味をみるためにもヌボーを一度でも試しておきたかったのです。
でも、いざ買いにお店に行くと結構なお値段。。
それなら他のワインの方がお得なのがある~とでヌボーに手を出せずにいたんです。。
・・ヨーロッパの値段に比べるとどれもこれも高い~(T T)泣。。なんデスけど。

そしてお味見したヌボーはと言いますと、軽目(これはボジョレの地方の特色)な中にフレッシュなブドウの味が漂う~ といった感じでした
ブドウの出来はまぁまぁ良かったのかな?
とにかく飲みやすくてグビグビいっちゃいそうでした

やはり世間で騒がれているボジョレヌボー、日本にいるなら年に一度はおさえておきたい一品ですネ
ヌボーを持って来てくれた友達にはホント感謝でございます~



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~



テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2005/12/05(月) 23:21:50|
  2. お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カシス★ヌボー!

20051202154212.jpg

ボジョレヌボーならぬ、カシスヌボー!

フランスのブルゴーニュ地方はワインの有名な産地ですが、このカシスのリキュール【クレーム・ドゥ・カシス】も産地となっています。
通常のクレーム・ドゥ・カシスは日本でもよく出回っていてお口にされた方は多いと思いますが、これはヌボー(=新しい)なんです!
(でも「recolte=収穫」という名詞が女性系なので「新しい」という意味の形容詞も女性系で「nouvelle=ヌーベル」と記載されていますが。。)

ボジョレ地方のワインで、その年の秋に収穫されたブドウを使って通常1年ほどかかる発酵を早めて作られるヌボーワインは毎年11月に解禁になりますよね。
それと同じようにその年に収穫されたカシスを使って作られたものがカシスヌボーなんだそうです。今回初めてこの存在を知りました!

前述のお誕生日会に来てくれた友達が、ある店で10本(だった?もちょっとあったかな?)限定発売してたというのでパーティの差し入れに購入してきてくれて感激~

あるフランス人によるとスパークリングワインで割って飲むのが一番とのことで、お手ごろスパークリングを準備。(高級スパークリングは割る用には勿体ないので。。
でもスパークリングワインで割って飲むとアルコール度数が高くなりすぎて、お酒の強くない人にはキビしいかも(他のが飲めなくなっちゃうし~)・・と思い、ノンアルコールのサイダーも準備。
そうしてパーティ最初に皆でスパークリングワインorサイダーで割ったカシスヌボーで乾杯~

普通のクレーム・ドゥ・カシスよりカシスのフルーティな香りがすごい!
「おぉ、ヌボーは違う!」という味わい。
おいしかったです~

限定発売だったらしいけれど、もう何処かで売られることはないのかな。。



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクです!



テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

  1. 2005/12/04(日) 00:11:11|
  2. お酒
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:12

★サーモンクリームdeカナッペ★

20051202115112.jpg

バゲットにサーモンクリームのパテをのせてチャービルの葉で飾りつけました。

これはこの前の日曜にやったベルギー式お誕生会のカナッペの一品です。
料理・・とは言えませんが、美味しいバゲットと外国食材店でサーモンクリームさえ入手すれば出来てしまう簡単にできるお手軽前菜。
自宅パーティの時など、全部を1から作るのって非常に大変なので、こういう1品はとても助かったりもします

簡単とは言え、美味しい焼きたてバゲットをその日に入手というのが大きなkeyポイントとなるカナッペなのですが、運良く今住んでいる近所にフランス人もお墨付きのフランス系ハードパンの美味しいお店があって迷わずそこでパンの予約。
たまにお目当てのパンがない時があるので、予約しておくと安心です。
2日目のバゲットパンも味わいはありますが、皮のパリっと美味しいのは1日目だけだし、鮮度が命のカナッペにはやはりその日の焼きたてが一番なのです~

サイドにある野菜スティックは小さなグラスに入っている「クレイジーソルト」or「マスタードソース」or瓶に入った「ハニーマスタード」をつけていただきました
マスタードソースはディジョンマスタードにオリーブ油、酢、醤油などを適とーに混ぜ合わせました。
ハニーマスタードは10月にフランス・ディジョンで買ったハチミツ入りのもの。ほんのり甘くてまろやか。食べやすくってそのまま野菜につけるだけでgoodでした。

もう一品トマトのカナッペがあったのですが、写真撮り忘れましたので、それはまた次回作る機会があったらご紹介いたします。。。



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
  応援のクリックをヨロシクです!


テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

  1. 2005/12/02(金) 12:41:32|
  2. ヨーロピアンクッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。