キッコの毎日のごはん after ベルギー

ベルギーより帰国したキッコのお届けする簡単レシピ・グルメ・ベルギー&ヨーロッパ情報&事情のご紹介です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボーヌ★パンワインチーズ祭 3

20060123215834.jpg

またまたパンワインチーズ祭の続きです。
前回ワインだったので、今回は味見したチーズの写真を一挙公開したいと思います
そ、それにしても沢山食べたなと写真を見て実感。。
それでも味見をしたのはごく一部。
最近はブルー系やウォッシュタイプの香りのキツイものからは遠のいているので(一度食べ過ぎて以来。。)、食べたのはあっさり白カビタイプが多いのですけれどね。。

ではチーズ達のご紹介始める前に~

20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~


20060130234714.jpg

Le Nuits D'or ..金の夜? ブルゴーニュ産ですね。
ウォッシュがかってるだけあって前回紹介のNuits系よりしっかりまったりした味わい。

20060130234728.jpg

Soumaintrain Saligny d'or これもブルゴーニュのものです。
これはプ~ンと少しする感もあるけれど熟成が進んで中がクリーミィで美味でした。

20060130234741.jpg

Cendre de Vergy  ブルゴーニュ。
うーん、、これはどんなのだったかな。。

20060130234755.jpg

Leerdammer  ん?オランダチーズでしたっけ?
これは日本人にも馴染みやすいお味。私も好きです。

20060130234809.jpg

Patros  これはギリシア産。
ギリシアのフェタチーズをオリーブ漬けにした感じ。
山羊チーズが苦手な方は難しいかも・・です。でも私はオッケイでした。

20060130234823.jpg

Gancoillotte La belle etoile どこが産地でしょ?
これは溶ろけているチーズが最高でした。
日本でメジャーなチーズの味がとろけたという感じ。

20060130234838.jpg

Mont d'Or フランスのスイスに近い地域、Franche-Comteのものだったはず。。
これはスプーンですくわないと食べれないほど中はトロトロ。
んー、、やみつきです。でも日本では病みつきになれないお値段。。

20060130234858.jpg

Coeur de Bray ノルマンディー産。
見た目がとってもキュート!なのですが、けっこう"香り”があってたくさんは食べれそうにないです。。

20060130234910.jpg

Rambol どこ産でしょ?
これはベルギーのスーパーでもいっぱんに出回っているクルミとクリームチーズのどっきんぐしたものみたいです。
これはとっても食べやすくておやつ感覚でどんどん食べれてしまいます。
日本でもどこかで売ってますよね、きっと。

20060130234926.jpg

Caprice des Dieux 神の気まぐれ?という意味でしょうか?
これは日本でも売っているのを見かけましたし、ベルギーのスーパーでも何処でも見るものです。
白カビ系で食べやすいものです。
"un amour de fromage(チーズの恋?)" とパッケージに書いてあってエンジェルの絵もあって、名からしてもオシャメな感じですよネ♪


今日にすべて全部チーズを載せてしまおうと思いましたが体力切れしてしまいました。。
また続きをアップしますので、「もぉチーズはエエわ」と言わずに見てくださいませね



スポンサーサイト

テーマ:海外グルメ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/01/31(火) 00:47:11|
  2. フランス地方の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ボーヌ★パンワインチーズ!2

20060126225902.jpg

ボーヌのパンワインチーズのイベントで頂いたワイン。
会場に入っていくつかチーズを食べ続けたので、まずは赤ワイン~

ブルゴーニュの赤ワインはどちらかというと軽~中ボディのワインがほとんど。
私の最近の傾向としてはボルドーのしっかりしたものだったのですが、ブルゴーニュ産の質の良いものは軽めとは言え味わいあって美味
軽いぶん、ついつい飲みすぎてしまって。。

つぎ
20060126225920.jpg

つぎつぎ
20060126225933.jpg

つぎ
20060126225952.jpg

つぎつぎつぎ
20060126230007.jpg

とまぁ次々・・・と頂いてしまいました。

でも10ユーロそこそこでチーズワインがいただき放題だけあって、ワインは比較的に熟成が浅いものが多かったかな。あ、でも1999年ものは結構熟成ですね。

と、ここまでのワインはまだ半分。
チーズはまだほんの一部しか紹介しませんでしたので、まだもう少し続きますが、また引き続き見てくださいね~



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~

テーマ:海外グルメ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/01/26(木) 23:13:39|
  2. ベルギー名物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ブルゴーニュ★ボーヌ★パンワインチーズ祭

20060123215807.jpg

上の写真はフランスのボーヌという町にあるHospis de Beaune。
その昔は病院だったところで、昔の病室が見学できます。
建物はこの地方特有の建築仕様でとてもステキでした。

この10月に行ったフランス・ブルゴーニュ地方の旅。
ディジョンの旅から全くブログにアップしていなかったので、今さらながらですがご報告。。

このボーヌという町を訪れた理由は、写真でみてかわいらしい雰囲気だったのと、徒歩で回れるワイナリーがたくさんあるということ、そして丁度「パン・ワイン・チーズ」というイベントがあったからです。

まずはそのイベントについて。
20060123215834.jpg

Hospis de Beauneのちょうど前に会場はありました。
イベントは土曜の夕方からと、日曜の丸1日あって私は初日に一番のりしました。
20060123215848.jpg

12ユーロほど(だったかな?)の入場料を支払うとワイングラスと紙皿&フォークが渡されました。
そしてあとは会場のパン・ワイン・チーズは頂き放題!
20060123215901.jpg

え?ほんとにいいの?というくらいの種類のチーズとワインが!
ふ、太っ腹すぎるっ
だって、試食したからって買って~という訳ではないし、それどころか買いたいと言ってもその場では売ってない。。

と、とりあえず頂いたチーズの最初の2種類をご紹介。
20060123215914.jpg

1つ目はL'amour de Nuits。
Nuits=ニュイという名前は、この生産地がニュイサンジョルジュというボーヌの隣町で、この名から取られた思うのですが、それを考慮して訳すとニュイの愛。でも全部直訳すると夜の愛?うーん、意味深。。
チーズは白カビ系で食べやすいです
20060123215932.jpg

そしてこちらはReve de Nuits。こちらもニュイサンジョルジュ産。
ニュイの夢、または夜の夢?
こちらも白カビ系ですが、個人的にはL'amour de Nuitsより風味があって好きだったかな。

チーズとくればワイン、ワイン!
と次のテーブルへ。。。は、また後で



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~


テーマ:海外グルメ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/01/23(月) 22:28:06|
  2. フランス地方の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

豪快★鯛の洋風オーブン焼

20060120180607.jpg

鯛の洋風オーブン焼。
相方の作です。(見た目が豪快な言い訳?)
洋風というのは、色々なハーブ・スパイスが使用されているからです。

小さな庭に伸び放題になっていたハーブ達がいたのですが、年末頃の大雪で大半が傷んでしまいました。
その中でもローズマリーは全く動じる様子なく元気なのでこのオーブン焼で惜しげもなく使用です
足りないスパイスは乾燥パウダーで味付け。
ただ塩で焼くのと違って、ハーブ・スパイスを使用するだけで何だか南仏を思い描いてしまうようなお味に変身。
野菜は下茹でしてなかったので少し固かったけど 美味しかった~



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~


テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

  1. 2006/01/20(金) 18:26:22|
  2. ヨーロピアンクッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

遅ればせながらのガレット

20060118224905.jpg

本当は1月6日に食べたかったガレット・デ・ロワのガレット。
七草がゆの時にすっかり忘れていたことに気づき、一度は気落ちしたのですが「やっぱり食べたい!」ということで作りました

実はヨーロッパで食べたマジパンは私の慣れていない”香り”があって苦手だったので、普通のアーモンドクリームで作ればいいかなと思ってたのですが、ydrさんの話を読んで、ちゃんと「マジパン」で作ろう!と思いアーモンドクリームとカスタードクリームを混ぜて作りました。
・・でもパイは手間なので市販のパイ生地使用です。自分で作るとバターの量で嫌気がさすので。。言い訳?

20060118224915.jpg

中の「マジパン」を詰めすぎて焼いている間にサイドからあふれ出てきてしまって、ちょっと見苦しいのですが、お味は成功!かな?

ではでは、ご参考までにキッコのガレットレシピです


<材料>
パイシート(ニチレイだったかな?長方形の4枚入りのもの。2枚ずつを重ねて伸ばして下の台とカバーに使用)
アーモンドプードル  40g
バター        40g
砂糖(アーモンドクリーム用)  40g
卵          1個
卵黄(カスタード用)   1個
薄力粉        10g
牛乳         200cc
砂糖(カスタード用)   20g
卵黄(仕上げ用)   1個

<作り方>
1. ボールに卵黄と砂糖を入れ、泡だて器で白っぽくもったりするまで良く混ぜあわせたら、薄力粉を混ぜ合わせる。
2. 沸騰寸前まで暖めた牛乳を4にゆっくり混ぜ合わせ、こして、鍋に戻して火にかけ、木ベラで焦げ付かないようにゆっくり混ぜながらカスタードクリームを作る。全体がドロっとなってフツフツとしばらく煮ればok。そしてラップをしてしっかり冷ます。
3. 別の入れ物でバターを常温に置くか、レンジで少しチンしてやわらかくして砂糖を加え、白っぽくなるまで泡だて器で良く混ぜ合わせる。
4. 3に溶いた卵をゆっくり混ぜ合わせながら混ぜ合わせる。
5. 4のボールにアーモンドプードルを入れ、ゴムベラでしっかり混ぜ合わせる。→アーモンドクリームの完成。
6. 2のカスタードクリームとアーモンドクリームを混ぜ合わせる。
7. パイシートを伸ばし、端3cmをあけるように円形に6のフィリングをのせる。
8. 端3cmのところに卵黄を塗って、もう1枚のパイシートをかぶせ、端どうしをくっつけ、円形にカットする。
9. 仕上げの卵黄をハケで上面に塗り、模様をつけて、天板にのせ、180度に温めたオーブンで40~50分焼いて出来上がり。途中焦げそうになると思うので、その時はアルミでカバーして焼いてください。


私は上記の分量より中のフィリングを多く作ったので焼いている間に溢れてきました。上記とおりなら大丈夫のハズです。。
フランス人も「ホントにおいしい!普段も食べたい!」と言っていたので、たぶん良かったのでしょう。。(自己満足?!)



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~


テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/01/18(水) 23:33:59|
  2. お菓子・パン作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

東京★はずせないお土産

20060118000039.jpg

舟和の芋ようかん。
これは東京に行ったら必ずと言って良いほど買って帰るお土産。
美味しいです。
大好きです。
お芋そのものの味がたまりませんねぇ~
ただ、賞味期限が短くて、要冷蔵なのでkeep出来ないのがツライところです。。



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2006/01/18(水) 00:05:07|
  2. お買い物食材&製品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

東京★初もんじゃ

20060117232950.jpg

またまたしばらくブログお休みしてしまいました。。
その間に数日東京遠征もしてきました。

そして遅ればせながら初のもんじゃ。
関西にももんじゃのお店は進出しているし、友達の間でも「もんじゃ行こう!」と話題になっていましたが、今までは興味が出なくて一度ももんじゃというものを食したことがなかったのです。
お好み焼きがあるのにどうしてもんじゃを食べる必要がある?!という持論があって。。

でも今回はどうしても東京の味を知りたくなって、六本木にあるもんじゃのお店を探し当てて食べてきました
20060117233003.jpg

まずは、どどーんと具沢山のタネにオドロキ。
作り方を知らないのでお店のおニイさんが詳しく熱く語りながら最初の1つを作ってくれました。
とりあえず大事なのは味付けは焼く前にして、粉液を鉄板に流し入れる前に具材にはよく火を通すことだとか。。
20060117234328.jpg

上の写真は2つ目を自分達で作ったときです。
言われた通り、最初にキャベツを細かく刻むようにしながら具材を炒めました。

そしてお味はというと、
「お、美味しい~!」
もんじゃを甘く見ていました~
友達と1つのもんじゃを端からコテで押さえつけながら食べていくのも、具材をドーナツ型にして中に粉を流して自分で作り上げていく過程も面白かったです
あと、熱くもんじゃについて語ってくれたお店のおニイさんにも感謝?!

さほど大きくない店内は満席で、聞くところによると芸能人も足を運ぶお店だとか。
ふむふむ、良いお店を見つけた!と満足しきり

そしてその後はもう少し六本木を満喫すべくヒルズに足を運び、深夜までカクテル片手に東京の夜にひたったのでした。。笑

・・もう数日後だったら報道陣がすごかったのかな。。


20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~


テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2006/01/17(火) 23:56:59|
  2. 日本お外deごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

七草がゆ

20060107235633.jpg

今日は朝からハリキって七草粥にしました。
と言っても、昨晩から炊飯器にお米をセットして、炊き上がったお粥に茹でた七草を混ぜるだけなんですけどネ

久しくお粥を食べてなかったので美味しさ再発見でした。
いつもはパン食なのですが、たまには朝からお粥もしようかなーと。

でも七草粥を食べ終わって「ガレット・デ・ロワ」のことをすっかり忘れていたことに気づきました。
「ガレット・デ・ロワ」とは1月6日の公現祭の日にフランスなどで食されるガレットのお菓子で中にロワ=王様の人形が入っていて、人形の入った一切れを食べた人はラッキーな人ってことみたいです。

今年は自分で作って1/6に食べようと思ってたのに、新年に浮かれて&七草のことばっかり考えていてすっかり忘れてました。。
ああ残念



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~



テーマ:七草粥 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/01/08(日) 00:11:32|
  2. 和&和系クッキング
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:9

★マールブランシュのケーキ★

20060106235558.jpg

昨日は久々に京都で有名なパティスリー、マールブランシュでお茶してきました。
ここで有名なのは何と言ってもモンブラン。
マロンクリームと生クリームをふんだんに使ったまったり柔らかい仕上がりで、モンブラン好きな私にはたまらない一品です。
・・でも自分で食べたのは撮り忘れたので、HPからのお写真デス。。

ああ美味しかった~とお店を出るときにショーケースに並んだ他のケーキを見てちょっとショック。。
他にも美味しそうなのが~!それも食べたことないやつ~!
20060106234859.jpg

金時芋なめらかモンブラン。
見た目の美しいのにまず惹かれましたが、金時芋!またまた大好物。。

でも、これ以上は一日のカロリーオーバーになるので、せめてもと相方のお土産に1つ買って帰りました。
で、帰って箱をあけてまたショック。
20060106234906.jpg

箱の中で倒れていたのです。
下の部分と裏側はあまりに見苦しいので隠してますが、かなり崩れてました。。
ま、でも相方は美味しそうに食べてたし、中心部もチェックしたけど、小さくカットした金時芋も入っていたりして、芋好きにはたまらなさそうな一品でした。
次は自分で試食!

京都駅ビルのマールブランシュのカフェは立地も良くてなかなか良かったです。
20060106234918.jpg

窓越しに京都タワーを眺めつつ。。

マールブランシュ: http://malebranche.co.jp/ 



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2006/01/07(土) 00:08:06|
  2. お買い物食材&製品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

京のお雑煮

20060104222736.jpg

京都では白味噌のお雑煮をいただきます。
私はこれが大好きで、大晦日は遅くまで起きていても、お雑煮を早く食べるために元旦の朝はきっちり起きれたりしたものです。。

写真のお雑煮は昨日自分でお手軽にダシパックを使って京人参・大根・里芋を煮て白味噌とお餅を入れて作ったものです。
本当は元旦の朝に自分でもっとキチンとしたのを作るつもりだったのですが、それは実家で食べれることになったので。。(言い訳?)


大晦日はしっくり京の情緒を味わうべく、百万遍知恩寺へ除夜の鐘をつきにいきました。
20060104222751.jpg

上の写真は百万遍知恩寺で有名な「大念珠繰り」というもので、大晦日の23:20から大きな本堂を一周する大きな数珠を念仏を聞きながら皆で回すというものです。
周りは全く知らない人たちばかりだけれど、皆で本堂を取り囲んで1つのことをするのって一体感がでるものですね。
20060104222800.jpg

来たもの順に整理券が配られ、私は123番。108つには間に合わなかった~(T T)けど、待ってる間には無料で甘酒をいただきつつ、焚き火にあたって除夜の鐘をじっくり聞くことができたのでとても良かったです。
それに鐘をつかせて貰えただけでもホント有難い話なんです~

さて、今年はどんな年になるかな~
皆にとって良い年になりますように



20050817035848.gif人気blogランキングへ★
   応援のクリックをヨロシクお願いいたします~


テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/01/04(水) 22:54:49|
  2. 和&和系クッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。