キッコの毎日のごはん after ベルギー

ベルギーより帰国したキッコのお届けする簡単レシピ・グルメ・ベルギー&ヨーロッパ情報&事情のご紹介です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アーティチョーク

20050822064149.jpg

アーティチョークにチャレンジしました

上の写真はスーパーで買ってきた生の状態です。
さーてこれをどう料理するか・・・
ちょっとドキドキしつつ、知ってる情報を頭で集約して調理開始です

つづきはこちら

材料:アーティチョーク、酢、固形スープの素、バター、レモン汁

アーティチョークを水をはったボールの中でジャバジャバと洗い、水をかえて再びバシャバシャ・・を数回繰り返し、ごみを取り除く。
柄の部分を1cmほど残しカット&上部1/4から1/3ほどをカットしたら、酢水にしばしつける。(変色を防ぐ&アクぬき)
深めの鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ、固形スープをいれ、アーティチョークの柄を下にして鍋に入れ、20分-30分ゆでる。
 ゆで上がり写真です。
20050822064210.jpg

ゆで上がったアーティチョークの一番下の小さな葉のような額を破棄して、あとは1枚1枚葉(花?)をはがしてお皿に盛ってゆく。
 するとこの様になります
20050822064233.jpg


その葉(花?)の部分の下の白っぽいところを、溶かしバターにレモン汁を加えたものにつけ、少ししごきながらいただきます

私はスタンダードな溶かしバター&レモンにしましたが、ディップはお好みで何でも良いみたいです

そして、中心の部分ですが、これは中の芯が一番美味しいところ なので紫がかった白い花の部分を取り、その下にあるモジャモジャのワタの部分もスプーンなどを使って取り除き、その下にある芯の部分だけにします。

後は私はナイフ&フォークでカットしながら、バター&レモンにつけながらいただきましたが、その他ソテーにしたり、クリームで煮たりいただき方はいろいろあるそうです

よくアーティチョークはユリネのような味といわれますが、ユリネ・じゃがいも・里芋を足して割ったような感じがしました。
栄養価が高いそうなので、少し面倒だけれど調理して食べる甲斐はあったかナ。

20050817035848.gif ←応援クリックいただけると嬉しいです




スポンサーサイト

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

  1. 2005/08/23(火) 02:46:40|
  2. ヨーロピアンクッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<いわしの洋風パン粉焼き | ホーム | 鴨とワインマスタードソース>>

コメント

お皿に1枚1枚盛られた葉っぱが「お花」に見えて可愛いですね。
私は何もつけずにそのまんま食べるのが好きです♪
トゲトゲに刺されたりと中心部に辿りつくのも一苦労な野菜ですが(笑)、美味しいですよね^^
  1. 2005/08/23(火) 05:08:44 |
  2. URL |
  3. まみ #GTVs65S6
  4. [ 編集 ]

まさしく、、中心に辿りつくまでめくってめくって・・・をちょっとした作業ですが、あっという間に食べきれちゃうものですネ♪
また新鮮そうなのが見つかったら、ディップなしでも食べてみます(^。^)
  1. 2005/08/23(火) 06:40:13 |
  2. URL |
  3. キッコ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gohaninbelgium.blog19.fc2.com/tb.php/12-02ffce96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。