キッコの毎日のごはん after ベルギー

ベルギーより帰国したキッコのお届けする簡単レシピ・グルメ・ベルギー&ヨーロッパ情報&事情のご紹介です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベルギーと言えば-ワッフル!

20050821063320.jpg

「ベルギーと言えば!」の第一弾話です。
ご覧のとおり、ワッフルですね~
でも色々種類あるんですねー。
知ってる人も多いと思うけれど、知らない人も多いはず。
チョコワッフル、抹茶ワッフルとか、そういうのじゃないですヨ
ここでは主に3種類をかるーくご紹介。

つづきはこちら


20050821071642.jpg

アメリカンタイプ
リエージュタイプ
ブリュッセルタイプ

アメリカンタイプは、その名の通りアメリカから広がったそうです。
ベーキングパウダーと薄力粉を使った生地で、それを型に流し込んで焼く。
メープルシロップ・ホイップ・その他フルーツソースをたぁぁっぷりかけて・・とアメリカ人並みにしたらかなり甘くなりますが、日本でも一般ご家庭ではこちらのタイプを作る方が多いのではないでしょうか。
私も昔むかーし・・はこれを食べる&作るすべしか知りませんでした。

リエージュタイプは、マネケンなどでお馴染みのしっかりしたタイプ。
パン作りのように、イーストと中力粉で生地をつくり2次発酵したものを型で焼く。
ベルギーでは、街中のスタンドなどで売られているのはほとんどこちらのタイプだそうです。
焼きたては中がもっちり、表面はカリっ&ざらめでシャリっがたまりません。
・・私はこのスタンドの焼きたてには目がないです。。

ブリュージュタイプも、イーストと中力粉で作るようですが、アメリカンタイプの用にゆるいとろとろした生地で、焼き上がりはとても軽い感じです。
ベルギーなどで、カフェなどのお店の中で食べるものはこのブリュージュタイプが多いと思います。
軽くって甘味もちょうどよく、ぱくぱく進んでしまうのではないでしょうか。


ベルギーに来て思ったことは、ベルギー人はワッフルが大好き!ということです。
街のワッフルスタンドはいつも人・人・人。
街を見ても、老若男女問わず食べ歩きをしている人をよく見ます。
(真夏の暑い時を除き。。でもその暑い時期はとっても短い!)
私もワッフルスタンドの出来立てワッフルに魅了された一人。
美味しいものは美味しいもの、私のような外人だろうとベルギ-人だろうと関係ないですネ

20050817035848.gif ←1クリック応援いただけると嬉しいです

20050821071621.jpg

これは昨日撮った写真。服装から大体の気候がわかります?
スポンサーサイト

テーマ:おいしいおやつ - ジャンル:グルメ

  1. 2005/08/21(日) 07:46:38|
  2. ベルギー名物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロールパンとハムコーンチーズパン | ホーム | 生ハムメロン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gohaninbelgium.blog19.fc2.com/tb.php/8-7fcc4361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。