キッコの毎日のごはん after ベルギー

ベルギーより帰国したキッコのお届けする簡単レシピ・グルメ・ベルギー&ヨーロッパ情報&事情のご紹介です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロールパンとハムコーンチーズパン

20050822025938.jpg

今日はパン作り!と朝からがんばりましたっ
ロールパンと、同じ生地を使ってハムコーンチーズパンです。

私はヨーロッパ、とくにフランスのバゲットやカンパーニュなどしっかりした生地のパンが好きです。でもなんか最近日本のソフトなパンや、お惣菜&菓子パンが懐かしくなってしまってたんですよね。。

手で捏ねるのは数年ぶりです。
作り始めてから「そうだった、、パンこねって重労働だったんだ・・」と思いだしたものの、始めたものは終わらせなければなりません&終わらせなければmyランチがない~
そしてコネコネコネコネ・・・ 
やっぱり焼きたて一番でした~。

つづきはこちら

20050822025949.jpg

 こちらはハムコーンチーズの入ったパン。
そして中身は
20050822030003.jpg


使ったもの:
パン用小麦粉 300g、インスタントドライイースト 6g、卵 30g、砂糖 25g、バター 30g、ぬるま湯 240g、牛乳 30g、塩少々、打ち粉用の薄力粉、表面にぬる用の卵(30gの残りで)

<手ごねロールパンの作り方>
パン用小麦粉、イースト、卵30g、砂糖をボールに入れかるくまぜ、そこにぬるま湯と牛乳をいれゴムベラで混ぜ合わせる。
ひととおり混ぜあわさったら、手でこね始め、少ししたら塩ひとつまみをいれ、更にこねる。
途中、常温にもどしておいたバターを2、3回に分けて生地に混ぜ合わせながら、更にこねる。
バターが生地に馴染んできたら、生地をボールから台にうつし、たたきつけ&こねるを繰り返す。<15-30分くらい!?>
生地のはしを取って両サイドに押し広げ、薄く透き通るぐらい伸びるようになればok。
生地を1つにまるめて、ボールに入れラップをし、30-40℃くらいの場所(湯煎もok)で一次発酵させる。だいたい40-50分ほど。2,3倍の大きさになるまで。
人指し指の先に打ち粉をつけ、一次発酵した生地の真ん中に穴をあけるように突き刺し、発酵具合をチェック。穴があまり縮まなければok。
手の平に打ち粉をして、生地をゆっくりおさえ、ガス抜きパンチをしたら、打ち粉をふった台の上にのせる。
それを包丁などで15等分に分け、1つ1つまるめてお皿に並べ、濡れ布きんをかけて15分おいてベンチタイムをとる。
15等分の生地1つ1つを三角にし、麺棒でのばし、端から巻いてゆく。それを天板にならべ、乾燥を防ぐために軽く霧吹きし、30-40℃のところで二次発酵を30分する。(気温が涼しい時はお湯をはったボールの上やオーブンの上に天板をのせて暖かくする)
生地の表面にハケ(または指でやさしく)溶き卵をうすく塗り、200℃で20分ほど良い焼き色がつくまで焼く。

ハムチーズコーンパンは上記のベンチタイム後の生地に、ハム・コーン・細かく刻んだチーズを入れ、包みこみました。
これは焼きたてのチーズがトロけたところがgoodです

作るの・・というか捏ねるのはカナリの仕事でしたが、やっぱり出来たものを食べるとそんな苦労も一気に吹き飛びました
そして「さて、次は何を作ろう」と考えている次第です。

20050817035848.gif ←応援1クリックいただけると嬉しいです



スポンサーサイト

テーマ:手作りパン - ジャンル:グルメ

  1. 2005/08/22(月) 03:59:24|
  2. お菓子・パン作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チコリのコンソメ煮 | ホーム | ベルギーと言えば-ワッフル!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gohaninbelgium.blog19.fc2.com/tb.php/9-da78ea79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。